いろんな場面で活躍する鍼灸師は専門学校で目指せる!

鍼をさす手元

鍼灸師を目指すなら専門学校に行こう

今、注目の鍼灸師という仕事を知っていますか?鍼灸師とは身体に鍼やお灸を使い刺激を与え、身体全体を流れる気・血液・体液の流れを整える医療技術を扱う人です。流れを整える事で抵抗力・自然治癒力・免疫力を高める事ができ、症状の改善・緩和や健康増進を促します。しかし、鍼灸師になるには国家試験が必要になります。さらに、国家試験を受けら条件もあります。それは、鍼師、灸師の養成施設で3年以上修業し、規定の課程を全て修了する必要があります。この養成施設には大学や短期大学、専門学校があります。ここでは専門学校で鍼灸師の資格を取得する事をオススメします。専門学校では特定の業界や職種、技能に特化した教育を行うため、鍼灸師な資格の取得を強くバックアップしてくれます。また、専門性の高い授業かわ受けられる事から、就職した後で活かせる知識や技能を取得する事ができます。さらに、夜間の講義もあり、昼間は仕事をしながらでも資格の取得が可能です。現在、鍼灸治療はWHOにも治療効果が認められ、世界的にも注目されています。また、鍼灸治療はダイエットや肌荒れ、リラクゼーション効果などの効果が認められ、医療分野だけではなく、スポーツ分野や美容分野へのニーズも高まってきています。そんな幅広いフィールドでの活躍が期待される、鍼灸師を目指すなら、鍼灸専門学校がいいでしょう。

鍼灸専門学校で専門性の高い知識と技術を身につけよう

現在、医療分野だけに留まらず、スポーツ分野や美容分野からも高い注目を集めている鍼灸師ですが、資格の取り方がわからないという方はいませんか?鍼灸師になるには、国家試験に受かる必要があります。また、国家試験を受ける前に専門の養成施設で3年以上修業し、規定の課程を全て修了しておかなければなりません。この養成施設には大学や短期大学、専門学校があり、鍼灸師についてここで学びます。また、鍼灸師と一口に言っても、鍼師と灸師は別の資格です。鍼灸師を目指すなら、鍼灸専門学校でしっかりとした技術を学ぶ事をオススメします。専門学校は特定の分野に特化した教育を行う学校です。そのため、鍼灸師の国家試験合格、その後の就職などを目指した専門性の高い教育を受ける事ができます。さらに、夜間の講義もあり、昼間の仕事を辞める事なく、資格の取得が可能なため、社会人も通う事が可能です。現在、鍼灸医療は医療分野以外にも活躍の場を広げています。そのため、現場では必要となる知識が多岐にわたります。しかし、専門学校では即戦力として活躍できるように、多くの知識や技術を身につけます。鍼灸師を目指すなら、高度な知識と確かな技術を鍼灸専門学校で身につけましょう。

鍼灸専門学校に入学するメリットは

人体には健康をつかさどる経絡と呼ばれる無数のツボがあるといわれていますが、それらのツボを鍼やお灸で刺激し人体の持つ免疫力や自然治癒力を高めて健康な体づくりの手助けをするのが鍼灸師としての役割ですが、実際に鍼灸師として活躍をするには「はり師」「きゅう師」の国家資格を取得する必要があります。鍼灸師として活躍をするために求められる国家資格は誰でも受験できるものではなく、受験資格を持たしている人でなくては受験をすることができません。鍼灸師の国家資格を取得するにはまず、専門学校や大学といった養成機関において鍼灸師としての知識を身につける必要があります。このうち、大学において鍼灸師の養成課程を受講するとなると最短でも四年の年月を要することになりますが、専門学校へ通学して養成課程を受講すれば大学よりも一年短い三年で養成課程を修了することができます。鍼灸師となるために養成課程を受講するにあたっては大学でも専門学校でも学ぶべきことは変わりはありませんが、養成課程が終了するまでに要する時間が違ってきます。少しでも早く鍼灸師としての資格を取得して活躍の場を拡げたいのであれば鍼灸専門学校に入学するのが最短の道となります。


健康な体を維持するのに必要な定期的なマッサージ、その一つとされている鍼灸を学びたいと思っている皆様、鍼灸学校なら『東洋鍼灸専門学校』がおすすめです!経験豊富な講師だけでなく600名以上の卒業生も協力してくれます!

注目

ニュース